■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2024年06月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
左のCATEGORIES欄の該当部分をクリックすると、カテゴリー毎に、広津もと子の見解を見ることができます。また、ARCHIVESの見たい月をクリックすると、その月のカレンダーが一番上に出てきますので、その日付をクリックすると、見たい日の記録が出てきます。ただし、投稿のなかった日付は、クリックすることができないようになっています。

唐津くんちで、ご挨拶廻りをしました。















 11月2日~4日は、唐津くんちだ。衆議院議員になって、唐津神社で行われる
神幸発輿祭や本殿祭に招かれるようになり、それまで見ることができなかった
位置から、お祭りを見ることができるようになったのは嬉しい。今回は、脊椎脊
髄外科医の夫とともに、知人・支援者・曳山取締りのお宅など、約50件を訪問し、
いろいろな方とお話をすることができて、大変、有意義だった。

唐津くんちは、漆で塗られた大きな「曳きやま」を、笛・太鼓・鉦(かね)の囃子に
あわせて、「曳き子(ひきこ)」たちが、「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」という
掛け声でひき歩くお祭りだ。昭和55年に、この「唐津くんちの曳山行事」が国の
重要無形文化財に指定され、日本を代表する祭りとして世界中から注目される
ようになった。

私が、唐津で育った昭和28~47年頃に比べて、「曳き子」の法被(はっぴ)は、絹に
なり色鮮やかになった。日本が経済成長して豊かになるにつれ、「曳き子」の衣装も
華やかになり、見ているだけでも楽しい。


| 主に衆議院議員時代の活動::地元での活動 | 04:01 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑