■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2021年12月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
左のCATEGORIES欄の該当部分をクリックすると、カテゴリー毎に、広津もと子の見解を見ることができます。また、ARCHIVESの見たい月をクリックすると、その月のカレンダーが一番上に出てきますので、その日付をクリックすると、見たい日の記録が出てきます。ただし、投稿のなかった日付は、クリックすることができないようになっています。

2009.6.14 全国パーキンソン病友の会佐賀県支部総会に出席



全国パーキンソン病友の会佐賀県支部総会に、出席しました。 病院

 --- ご挨拶の内容 ---

皆さま、こんにちは。ただ今、ご紹介いただきました衆議院議員の広津もと子で
ございます。本日は、全国パーキンソン病友の会 佐賀県支部第17回総会に、お
招きいただきまして、誠に有難うございました。

パーキンソン病に悩む方々が病気と向き合い、励ましあい、治療法の早期開発や
治療費の公費負担を促進しようと活動していらっしゃることは、この病気の方々の
みならず、広く社会の人々にも勇気を与えていると思います。

パーキンソン病は、特定疾患に指定されている難病です。けれども、難病という
のは、医学的に定義された病気の名称ではなく、いわゆる「不治の病」に対して
用いられてきた言葉であり、時代により、また、医学の進歩により、難病に入る
病気は変わります。例えば、最近まで、結核は、難病でしたが、治療法がわかっ
た現在では、難病ではありません。

パーキンソン病の場合、最近、原因究明が進み、よい治療薬ができて、かなり明
るい希望が持てるようになってきました。今後は、細胞移植で、脳の変質した部分
を修復する再生医療を進めること、その後、リハビリで機能を回復することがKeyに
なってくると思います。

最後に、この総会を主催されたパーキンソン病友の会 佐賀県支部の皆様のご尽
力に、心から敬意を表しますとともに、皆さま方のますますのご活躍・ご多幸を祈
念いたしまして、私のご祝辞とさせていただきます。

本日は、誠に有難うございました。



| 主に衆議院議員時代の活動::地元での活動 | 01:17 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑