■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
左のCATEGORIES欄の該当部分をクリックすると、カテゴリー毎に、広津もと子の見解を見ることができます。また、ARCHIVESの見たい月をクリックすると、その月のカレンダーが一番上に出てきますので、その日付をクリックすると、見たい日の記録が出てきます。ただし、投稿のなかった日付は、クリックすることができないようになっています。

2008.12.14 川内野集落 日本農林漁業振興会会長賞・農林水産大臣賞受賞祝賀会








川内野集落 日本農林漁業振興会会長賞・農林水産大臣賞受賞祝賀会に、
来賓として出席しました。 チューリップ

<ご祝辞の内容>

・ただ今、ご紹介いただきました衆議院議員の広津もと子でございます。
 この度は、伊万里市の川内野(かわちの)集落が、平成20年度 農林
 水産祭むらづくり部門において、日本農林漁業振興会長賞並びに農林
 水産大臣賞を受賞されましたこと、誠におめでとうございます。

・そして、その授賞を祝うおめでたい祝賀会にお招きいただきまして、有
 難うございました。

・「農林水産祭」は、昭和37年から毎年11月23日の勤労感謝の日を中心
 として、全国民の農林水産業に対する認識を深め、農林水産業者の技
 術改善や経営発展意欲の高揚を図るために、国民的な祭典として行わ
 れているものです。

・そして、「むらづくり部門」の賞は、「農林水産祭」の表彰行事7部門の一
 つで、「地域ぐるみの連帯感の情勢」や「農山漁村の健全な発展」に資す
 ることを目的として、昭和54年度から実施されております。

・川内野集落では、平成6年に、農協青年部が中心となって「コメCOME倶
 楽部」がここにしかない作物をつくろうと、古代米である黒米の栽培をはじ
 めたのがきっかけで、集落全体にむらづくりの気運が高まり、女性グループ
 等による黒米の創作料理や市内の農林高校との連携による黒米加工品の
 開発や、黒米を活用した「夢の市」など、都市住民との交流に取り組んで
 おられ、黒米をキーワードとしたむらづくりが展開されています。

・また、機械利用組合や圃場整備などによる合理的な経営による農業の振興
 や、伝統芸能の伝承・史跡の保存活動にも、積極的に取り組んでおられ、
 このたび、川内野集落が農林水産大臣賞を受賞されましたことは、当たり前
 であるとともに、大変、意義あることだと思います。

・最後に、あらためて川内野集落の日本農林漁業振興会長賞並びに農林水産
 臣賞の受賞に心からの祝意を表しますとともに、皆さまのますますのご活躍・
 ご多幸を祈念いたしまして、私のご祝辞を終わります。


| 主に衆議院議員時代の活動::地元での活動 | 11:16 AM | comments (x) | trackback (x) |
2008.12.14 西九州自動車道(伊万里市域)懇話会



西九州自動車道(伊万里市域)着工式のあとの懇話会に出席しました。
そして、地元は、工事しなければならない狭くて危険な道路も沢山ある
ことを、実感しました。

| 主に衆議院議員時代の活動::地元での活動 | 10:48 AM | comments (x) | trackback (x) |
2008.12.14西九州自動車道(伊万里市域)着工式







西九州自動車道(伊万里市域)着工式に、来賓として出席しました。

<ご祝辞の内容>

・ただ今、ご紹介いただきました衆議院議員の広津もと子でございます。
 本日は、この地域待望の西九州自動車道、伊万里市域の着工式に
 お招きいただきまして、誠に有難うございました。

・この西九州自動車道は、九州北西部の地域経済の活性化に大きく寄与
 する高規格幹線道路で、この道路が開通すれば、伊万里―福岡間が、
 わずか50分で結ばれることになります。さきほどの浮立も、この喜びを
 体いっぱいに表現しているかのようでした。 車バス四葉

・自民党は、福田首相の時に、道路特定財源を一般財源化する閣議決定を
 行い、与党の税制調査会で道路特定財源部分について、暫定税率まで
 含めた金額を、一般財源化しました。そして、ハイブリッド車や電気自動車
 などの環境対応車は、自動車取得税や重量税を軽減することになっています。

・けれども、真に必要な道路は作る必要があります。西九州自動車道は、その
 中でも、優先順位が高くなっております。そこで、今後、国土交通省は、必要
 なものは、財務省に予算要求して作っていくことになります。

・先日、伊万里市、松浦市、平戸市の市議の皆さまが、東京に陳情に来られ、
 北村誠吾先生と私は本人が、他の事務所は秘書の方が一緒に、国土交通省、
 財務省の担当者の皆様にお願いをしてまわりました。

・現在は、100年に一度の世界的不況の時期で、変革の時でもありますから、
 これを機会に、まちづくりや下水道の整備、電線地中化などの必要なことも
 含めて、早めにやっていけばよいと、私は、思っております。

・最後に、この道路が一日も早く完成し、唐津市、伊万里市、松浦市、平戸市、
 佐世保市が便利になって活性化することと、皆さまのますますのご活躍・ご
 多幸を祈念いたしまして、私の、ご祝辞とさせていただきます。


| 主に衆議院議員時代の活動::地元での活動 | 10:20 AM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑