■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2021年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
左のCATEGORIES欄の該当部分をクリックすると、カテゴリー毎に、広津もと子の見解を見ることができます。また、ARCHIVESの見たい月をクリックすると、その月のカレンダーが一番上に出てきますので、その日付をクリックすると、見たい日の記録が出てきます。ただし、投稿のなかった日付は、クリックすることができないようになっています。

2009.1.10 平成21年 牧島新年会







平成21年 牧島新年会に、出席しました。 四葉

<ご挨拶の内容>

・新年、あけましておめでとうございます。ただ今、ご紹介いただきました、衆議院議員の
広津もと子でございます。本日は、平成21年 牧島新年会にお招きいただき、誠に有難
うございました。

・リーマン・ショック以降の100年に一度と言われる世界同時不況の中、地域の中小零細
企業の資金繰りを助けるために、私たち国会議員が行った議論を踏まえ、中小企業庁が、
国の信用保証を昨年の10月31日より開始しております。

・また、この際、商店街を再生し、収益の上がるまちづくりを行うため、土地・住宅税制や
まちづくり交付金などによる応援をいたします。

・昨年の12月12日には、自民党の平成21年度税制改正大綱が出ましたが、その中で、
わが国経済の不況に対応するため、住宅ローン減税の拡大、長期優良住宅の掛増し費
や省エネ、バリア・フリー改修を行う場合の投資減税の創設など、経済波及効果の高い
住宅投資を活性化することにしました。

・また、自動車に関しましても、今年の7月には、電気自動車やプラグ・イン ハイブリッド
車が日本市場に投入されますので、それらの省エネ・低炭素車の自動車取得税と重量
税を軽減し、環境配慮車への後押しをいたします。わが国の自動車会社は、今まで、省
エネ・低炭素化の努力を重ねてきたため、アメリカの自動車会社とは異なり、これらの技
術に対して底力があります。

・そのようなわけで、世界同時不況の中では、比較的よいのでしょうか、外国為替市場の
円相場は、昨年12月中旬には円高が急速に進行し、1995年8月以来、13年4カ月ぶりと
なる1ドル=80~90円台をつけております。

・この円高の下では、日本の産業構造は、輸出依存型から内需拡大型にする必要があり
ますので、そのための補正予算と平成21年度予算を作ることになります。

・最後に、ピンチをチャンスに生かした明るい未来を祈念いたしまして、私のご祝辞とさせ
ていただきます。本日は、どうも有難うございました。 チューリップ


| 主に衆議院議員時代の活動::地元での活動 | 06:52 PM | comments (x) | trackback (x) |
2009.1.10 平成21年唐津市成人式(唐津会場)




平成21年 唐津市の成人式に、来賓として参加しました。振袖姿の人が多く、とてもきれいで
した。 

<ご挨拶の内容>

・ただ今、ご紹介いただきました、衆議院議員の広津もと子でございます。成人式を迎えられた
皆さま、誠におめでとうございます。本日は、皆さまが一人の大人として、自由と責任を持って
行動を始める区切りの日です。 四葉

・人生には、希望もある反面、苦労も多く、たくさんの努力もしなければなりません。けれども、
皆さまの強い意志やその努力の分量に応じて、よい結果が出るのです。

・そして、人生とは、たった一度しかない、素晴らしい旅です。その一度きりの旅を、できれば、
よきパートナーと存分に満喫し、大切に過ごして下さい。 love 

・現在の経済情勢は、サブプライム・ローンに端を発したリーマン・ショック以降、100年に一度と
言われる世界同時不況になりそうな中ですが、私は、国会議員として、ピンチをチャンスに変え、
未来への道筋をつけようと思い、政策を作ってまいりました。

・そして、一つは、与党の税制改正大綱で、わが国経済の不況に対応するため、住宅ローン減
税を拡充し、長期優良住宅や省エネ、バリア・フリー改修を行う場合には投資減税を行うなど、
よい住宅への投資を喚起しました。次世代の住宅は、太陽光発電を行い、省エネ・オール電化
システムで、電気自動車にも電力を供給し、燃料費はただにしたいと思っておりまして、そのた
めの技術開発をバック・アップして、進めています。

・また、自動車に関しましては、今年中に、電気自動車やプラグ・イン・ハイブリッド車が日本市
場に投入されますが、それらの省エネ・低炭素車については、低炭素化の割合に応じて、自動
車取得税や重量税を軽減しています。

・わが国の自動車会社は、今までも、省エネ・低炭素化の技術開発に積極的だったため、いくら
でもガソリンを使ってよかったアメリカの自動車会社と異なり、省エネ・低炭素化の技術に対して
底力があります。

・そして、そのほかにも、ロボット、ナノテクノロジー、再生医療をはじめ、いろいろな技術や製品が
出てくるでしょうが、それが、まさに、わが国の底力です。そして、それを担っていくのが、まさに、
皆さま方です。 汗

・最後に、新成人の皆さまの未来と、これからのご活躍・ご多幸を祈念いたしまして、私のご祝辞
とさせていただきます。本日は、どうも有難うございました。


| 主に衆議院議員時代の活動::地元での活動 | 06:14 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑