■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2019年12月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
左のCATEGORIES欄の該当部分をクリックすると、カテゴリー毎に、広津もと子の見解を見ることができます。また、ARCHIVESの見たい月をクリックすると、その月のカレンダーが一番上に出てきますので、その日付をクリックすると、見たい日の記録が出てきます。ただし、投稿のなかった日付は、クリックすることができないようになっています。

2011.9.26 NHKの報道ぶりの不思議-福島原発事故と小沢一郎民主党元代表の件
小沢一郎民主党元代表に関する事件について、NHKは、まだ有罪が確定しないうちから、「秘書の
石川議員が一審で有罪になり、代議士と秘書は一身同体だから・・・」とか「司法の場ではまだ争わ
れるが、政治責任はあるのではないか」などと、如何にも、大きな事件で、有罪でなくても責任があ
るかのように、超迅速に報道している。私は、前から、小沢代議士に対するマスコミの報道ぶりには、
何とか有罪にしよう、何とか足をひっぱろうという人権侵害を感じている。

そのNHKは、原発事故に関しては、一切、事実を報道しなかった。そのために、どれだけ多くの人々
が、無駄な被ばくをさせられ、今でも、内部被ばくをさせられているかわからない。そして、実際に責
任が明らかになった人への責任追及はない。人の命よりも政争に関心を持ち、政争を煽っている放
送局だ。嘘の報道をしたアナウンサーの顔は、もう見たくない。メディアもその程度の責任は、持って
もらいたいものである。 怒

| 報道の問題点::2011.7~2012.4 | 09:24 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑