■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
左のCATEGORIES欄の該当部分をクリックすると、カテゴリー毎に、広津もと子の見解を見ることができます。また、ARCHIVESの見たい月をクリックすると、その月のカレンダーが一番上に出てきますので、その日付をクリックすると、見たい日の記録が出てきます。ただし、投稿のなかった日付は、クリックすることができないようになっています。

2011.8.27 円高の本当の理由とその解決方法
円高で我が国の輸出産業が打撃を受け、我が国企業の空洞化が問題視されている。

しかし、為替レートがどうして決まるのか、それによってどういう仕組みで円高ないし円安に
なるのか、そこから導き出される現在の正確な円高の理由を、どのマスコミも説明していな
いので説明すると、下のようである。

1)為替レートは、市場により売買されて決まるので、現在、欧米の通貨を売って、円を買い
  たい人が多いということである。
2)その理由は、下の二つである。
 ①日本から財やサービスを輸入する外国企業が、円を買って決済しなければならない場合 
 ②円を持っていれば将来儲かると考えて、投資や投機をする人が多い場合

そして、マスコミはこぞって、「現在は過去の円高局面に比べて米欧経済の展望が悪いため、
円に資金が流入しやすいのだ」と説明しており、2)②のみを強調して、日本政府の介入や各
国の協調介入が必要だとか、我が国の金融緩和が必要だとか言っている。

しかしながら、我が国は、貿易収支が毎年黒字であるため、2)①の原因での円高圧力も大変
大きい。貿易収支が黒字ということは、普段は、国民が働いて作りだしたもののうち、自分たち
のために使うものは我慢して、多くを外国に輸出して暮らしているということである。どちらかと
言えば(その評価を書くと長くなるので)よいことであるが、現在は、東日本大震災の後であり、
復興需要が大きい。この際、復興に必要な財やサービスを、海外から輸入してはどうだろうか。

例えば、家。太陽光発電や断熱財を使い、省エネ機器、オール電化システムを備える我が国の
家も素晴らしいが、そのデザインは今一つであり、街並みのデザインも悪い。この際、東北地方
に北欧やカナダ、アメリカのデザインの家が並ぶ街並みに、我が国の技術を加えて作ったらどう
だろうか。きっと、人気の住宅地になる違いない。もちろん、広いエリアごとに、様式を揃えなくて
は、かえってちぐはぐになるので、町ごと作りなおすこの機会は絶好である。 家家四葉  車

また、機械や種々の製品。いろいろな意味で質の高いものがあるので、欧米や韓国・中国から
輸入してもよいではないか。ここに、本当に世界でお勧めの製品を輸入して使うことにより、我が
国の産業も刺激を受けて、ブラッシュ・アップすることになると思う。原発の安全神話と同様、日
本製品の高品質神話もそれほどではなく、世界は広くて学ぶべきことが多いことを、身を持って
実感して、次の糧にできる筈である。 



| 経済・雇用::2011.8~2012.9 | 05:10 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑