■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2020年06月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
左のCATEGORIES欄の該当部分をクリックすると、カテゴリー毎に、広津もと子の見解を見ることができます。また、ARCHIVESの見たい月をクリックすると、その月のカレンダーが一番上に出てきますので、その日付をクリックすると、見たい日の記録が出てきます。ただし、投稿のなかった日付は、クリックすることができないようになっています。

2011.10.29 九州は脱原発できそうで、嬉しい
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/270610
上の西日本新聞に、「九電 冬の節電へ割安契約導入」という記事があり、「10月27日の記者会見で、
九州電力の深堀慶憲副社長が、九州管内の原発全6基が停止することが確実な12月以降、工場な
どの大口需要家を対象に、ピーク時の電力使用を抑制する割安料金メニューを導入することを明らか
にし、平日に休業日を設けたり、寒さが強まる一定期間に操業を抑制したりすると、基本料金が通常
より割安となる契約など、メニューの内容を検討している」とのことであった。九州は、何とか原発を辞
め、次世代のクリーンな国産エネルギーに進み始めたようである。次は、是非、地熱発電、潮流発電、
太陽光発電、スマートグリッド、創エネ・省エネ住宅、電気自動車などを組み合わせて、光熱費が安く
て快適な、企業にとっても個人にとっても魅力的な地域(スマートシティー)を作りたい。 太陽

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111029-00000055-mai-pol
一方、上の毎日新聞ニュースでは、「野田首相が、10月31日、首相官邸でベトナムのグエン・タン・ズ
ン首相と会談して、ベトナムで進んでいる原子力発電所2基の建設計画への技術協力やレアアース
(希土類)の共同開発など、昨年10月に菅直人前首相とズン首相が発表した共同声明に沿った成果
を確認するとともに、今後の協力強化について意見交換し、今回の首脳会談が原発輸出再開に向け
たゴーサインとなる」と書いてあり、国は、まだ脱原発に踏み切っていないだけでなく、輸出しようとし
ている。しかし、レアアースの共同開発はよいとしても、私は、ここまで危機管理が甘く、人命を軽んじ
て成り立っている技術を輸出すべきとは思わない。東京電力福島第1原発事故で表に出た原発の大き
なリスクを身を持って体験したのであるから、我が国の首相は、泥の中にいるドジョウなどと言っていな
いで、先見の明ある的確な判断をしてもらいたいものである。


| 原発::2011.7~11 | 11:33 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑