■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
左のCATEGORIES欄の該当部分をクリックすると、カテゴリー毎に、広津もと子の見解を見ることができます。また、ARCHIVESの見たい月をクリックすると、その月のカレンダーが一番上に出てきますので、その日付をクリックすると、見たい日の記録が出てきます。ただし、投稿のなかった日付は、クリックすることができないようになっています。

2012.4.26小沢元民主党代表の証人喚問における発言に関するメディアの報道の不適切 - これは、私が書かないと書く人がいないと思うので、書きます。(2012.1.11に掲載したものを、わかりやすくこちらへ移動しました。) 
http://www.saga-s.co.jp/news/global/corenews.0.2114408.article.html 
佐賀新聞 2012年01月11日
4億円はもろもろの金と小沢被告 / 虚偽記入関与を否定
<内容> 
 資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、政治資金規正
法違反罪で強制起訴された民主党元代表小沢一郎被告の第12回公判が10日、東京地裁
(大善文男裁判長)であり、被告人質問が始まった。元代表は報告書の作成、提出について
「秘書に任せていた。報告はなく、報告書を見たこともない」と述べ、あらためて虚偽記入への
関与を否定した。
 土地購入のために用立てた4億円の原資は「両親から相続した不動産や現金、出版した本
の印税、議員報酬などもろもろの金だ」と供述。「水谷建設などのゼネコンから不正な金は、
一切もらっていない」と述べ、水谷建設からの裏献金を否定。

←批判:佐賀新聞のネットニュースには載っていないが、紙媒体による佐賀新聞の大見出しは、
 「剛腕終始『秘書任せ』」「感情あらわ強気崩さず」「裏献金『馬鹿げた推論』」として、「剛腕な
 代議士が、秘書任せだったというのは、ずるい言い訳である」「冤罪を着せようとされていても、
 感情的になるのはおかしい」「強気であることはいけない」というメッセージを読者に刷り込ん
 でいる。

←批判:同じ2012/1/11の日経新聞には、「C世代駆ける 平均像は『草食』 競う世界へ少な
 い主役 乏しいグローバル人材」という記事がある。上記の佐賀新聞のような「剛腕で強気な
 人間は鼻持ちならないから、何か仕返しすべき」という論調を、メディアが撒き続ければ、批判
 力がなく、何でも吸収している青少年が草食系に育つのは当たり前である。そして、これでは、
 世界では通用しないから、グローバル人材が乏しくなるのも、必然である。つまり、見識のない、
 その場限りのご都合主義の情報をばら撒き続けると、子孫に跳ね返るということである。 女性

←批判:「資金管理団体『陸山会』の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件」と虚偽記入
 が確定しているかのような論調で書いているが、これは、下の②④で、否定されている。異論が
 あることを書かないのは、Fairでない。

←批判:『秘書任せ』という証言を批判しているが、①の総務省:『政治資金規正法のあらまし』
 で明確であるように、会計責任者が、収支報告書による政治家の政治資金に関する開示のす
 べての責任を持っている。従って、秘書が会計責任者であれば、代表が秘書に任せていちいち
 チェックしていなくても、批判すべきことではない。ちなみに、私の場合は、公認会計士であるた
 め、現職の時には、最初に収支報告書記載の基本的な作り方を指示はしたが、自分で記載し
 たり出来上がりをチェックしたりしたことはない。そのかわり、内部統制目的及び言いがかりを
 つけられた時の準備のために、最初から第三者である公認会計士の任意監査を受けていた。
 そして、後に、これが義務になったといういきさつもある。国会議員自身は、国政と選挙のための
 地元廻りで忙しく、自分の事務所の細かな会計処理をチェックしている暇などないというのが、本
 当のところである。従って、民主党元代表であった小沢氏や鳩山氏が、忙しくてそんなものは見て
 いないのは頷ける。特に、鳩山氏は工学部卒だから、収支報告書を見てもわからないと思われる。
 つまり、大企業や中小企業の社長に会計処理の一つ一つをReviewしろと言っているのと同じくら
 い、メディアの指摘は、的はずれなのである。そのかわり、会計責任者が、経理部長兼経理課長
 の役割を果たしており、細かい会計処理は、経理部の係長や事務員が行っているというイメージ
 である。社長は、会社の方針決定や営業(国政の方針作りや選挙準備の地元廻り)と資金繰りで
 時間いっぱいなのである。

←批判:それにもかかわらず、③に書かれているように、印象操作をするところが悪どい。佐賀新聞
 を始めとするメディアのこのような印象操作は、私に対しても数多くあったが、何のためだろうか?
 ここが、重要なポイントである。

①http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/news_seiji/pdf/seijishikinkiseihou_all.pdf   「総務省:『政治資金規正法のあらまし』より」
 政治団体の会計責任者は、毎年12月31日現在で、当該政治団体に係るすべての収入、支出
及び資産等の状況を記載した収支報告書を翌年3月末日(1月から3月までの間に総選挙等があっ
た場合は、4月末日)までに、都道府県の選挙管理委員会又は総務大臣に提出しなければならな
いとされている。また、国会議員関係政治団体については、収支報告書を提出するときは、その支
出に関し、あらかじめ、収支報告書、会計帳簿、領収書等などについて、登録政治資金監査人(政
治資金適正化委員会の登録を受けた弁護士、公認会計士、税理士)による政治資金監査を受けな
ければならない。国会議員関係政治団体の会計責任者は、収支報告書の提出に併せて、登録
政治資金監査人が作成した政治資金監査報告書も提出しなければならない。

②http://electronic-journal.seesaa.net/article/229297236.html
収支報告書のどこが虚偽記載なのか(週刊ポスト 10月3日発売)
<要約> 
 10月3日発売の「週刊ポスト」は、陸山会判決を批判して次のタイトルで特集記事を載せています。
小沢「抹殺裁判」― わが国はいつからこんなに恐ろしい国になったんだ!?・・・ 
 検察の不当、違法な捜査で取られた調書を根拠に誤った判断がなされた。この裁判は打ち切るべ
きだ。百歩譲って裁判を続けるとしても、罪に問われるようなことば全くない。国民から何の負託も
受けていない捜査機関が、国家権力を乱用している。汚点として後世に残る。議会制民主主義を
阻害する恐れがある。・・・

③http://www.asyura.com/10/senkyo97/msg/373.html 
「小沢はクロ」という大新聞やテレビの印象操作のウソ(週刊ポスト 週刊ポスト2010年10月22日号より)

④http://www.asahi.com/special/ozawa_sikin/TKY201112160247.html  
2011年12月16日朝日新聞  前田元検事「特捜捜査は妄想」 小沢氏公判で証人尋問
<要約>
 元会計責任者を取り調べた元検事・前田恒彦受刑者(44)=証拠改ざん事件で実刑が確定=の
証人尋問が始まり、「自分の調べは問題ないが、特捜部のゼネコン捜査は見立て違いの妄想だっ
た」と述べた。・・・前田元検事は応援入りした初日に、主任検事から「この件は特捜部と小沢の全面
戦争だ。小沢を挙げられなかったら特捜部の負けだ」と言われたという。
 問題の土地購入の原資となった小沢氏の4億円の出どころについて、特捜部長ら一部幹部と現場
の検事らの間に認識の違いがあったと指摘。「特捜部長の頭の中では、胆沢(いさわ)ダム(岩手県
奥州市)工事で各ゼネコンから小沢氏側に裏金がいくらずつ渡った、という筋を描いていた」という。
「水谷建設が提供を認めた5千万円以外の話を出せ」という捜査方針に対し、現場の検事らは「話は
全然出ず、難しいと考えていて、だいぶ疲弊していた」と証言。「特捜部長らは妄想を抱いて夢を語っ
ていた。小沢氏の立件に積極的だったのも特捜部長、主任検事、最高検検事の3人だけだった」と
述べた。

←ここで提案: 政治資金規正法による収支報告書は、単式簿記によるもので、貸借対照表がない。
つまり、非常に前近代的なものである。そして、固定資産を購入して減価償却したり、借り入れした
りする際に、変なケチをつけられやすく、費用の期間配分もできない。さらに、どの議員についても、
記載の網羅性は担保されない上に、会計処理もやりにくい。そのため、私は、これを複式簿記による
通常の会計制度に改め、資金管理団体に法人格を与えることを提案したい。 

| 報道の問題点::2012.4~2012.10 | 11:18 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑