■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
左のCATEGORIES欄の該当部分をクリックすると、カテゴリー毎に、広津もと子の見解を見ることができます。また、ARCHIVESの見たい月をクリックすると、その月のカレンダーが一番上に出てきますので、その日付をクリックすると、見たい日の記録が出てきます。ただし、投稿のなかった日付は、クリックすることができないようになっています。

2012.1.31 「原発なくそう!九州玄海訴訟」が始まりました!
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/284888

上の西日本新聞記事にあるように、「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団(九州7県を中心に29都府
県から1704人が参加)が、1月31日に、原発停止を求める訴訟を、佐賀地裁に提訴したとのことです。
私は、このように、真正面から「憲法が保障する生存権・人格権の侵害」として提訴したのはすごいし、
勝って欲しいと思っています。  四葉

原告団長は、佐賀大学の長谷川照(あきら)前学長(73)で、原告団は、福島第1原発事故によって「原
発の安全神話が完全に崩壊した」とし、玄海原発は、一旦、事故が起これば偏西風によって日本列島を
広く汚染する可能性が高いため、「玄海原発の稼働は、憲法が保障する生存権や人格権を侵害してい
る」として、提訴しています。そして、原発の設置・稼働は、国の原子力行政に基づくとして、被告に国も
加えています。

このような重要なことを、地元紙しか報道せず、全国版のメディアは全く無視しているのが、今後、変えな
ければならない我が国の闇の一つです。

* http://yaplog.jp/10000saiban/archive/2
「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告弁護団からの呼びかけ
(抜粋)
 日本にある全ての原発を廃止して、再生可能なエネルギーにより、安全で安心して暮らせる
 社会を子孫に残すことは、私たちの責任だと思います。


| 原発::2011.12~2012.5 | 03:01 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑