■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
左のCATEGORIES欄の該当部分をクリックすると、カテゴリー毎に、広津もと子の見解を見ることができます。また、ARCHIVESの見たい月をクリックすると、その月のカレンダーが一番上に出てきますので、その日付をクリックすると、見たい日の記録が出てきます。ただし、投稿のなかった日付は、クリックすることができないようになっています。

2013.1.31 原発事故の後に核実験では、日本人の身体も耐え難いので、核実験はやめて欲しい。
 どうせ使えない核兵器を持つために、核実験を行うのはやめてもらいたい。2012.7.6に、このブログに記載したとおり、アメリカの核実験は人間に対して内部被曝の被害を与え、日本の福島原発事故の真相は、2012.1.21 に記載したとおり、東電及び政府によって隠蔽された。そして、地下で核爆発しても、それが地上の環境に影響がないという証明はできておらず、そういう視点からの悪い情報は公開されないだろう。

 このように、核は、強力なエネルギーと強力な毒性を持つため、爆発すれば地球環境に与える影響が大きい。そして、人間がそれを制御することはできないのだから、地下であっても、人類(生物)と核が共存することはできない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130131-00000032-jij-n_ame
(時事通信 1月31日) 北朝鮮の核実験「近い」=米高官が見通しとCNN
【ワシントン時事】米CNNテレビは30日、北朝鮮の核実験予告に関し、米政府高官が「われわれが確認している行動と彼らの言動に基づけば、(核実験は)近いうちに実施される」という見通しを示したと報じた。しかし実験の最終準備は地下で行われるため、実施日は予測できないという。政府高官はCNNに対して、「北朝鮮は必ず核実験を実施する」と明言。人工衛星から確認できる北朝鮮・豊渓里の核実験場の動きは大きくないが、主要な準備は地下で行われているとの見方を示した。

| 環境::2012.10~11 | 10:56 AM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑