■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020年02月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
左のCATEGORIES欄の該当部分をクリックすると、カテゴリー毎に、広津もと子の見解を見ることができます。また、ARCHIVESの見たい月をクリックすると、その月のカレンダーが一番上に出てきますので、その日付をクリックすると、見たい日の記録が出てきます。ただし、投稿のなかった日付は、クリックすることができないようになっています。

2011.12.26 SPEEDIによれば、玄海原発事故後1時間で、玄海町・唐津市付近は言うに及ばず、風向きによっては、佐賀市・有明海・福岡市も汚染の可能性があるということ
(資料:http://www.greenpeace.org./japan/ja/news/blog/dblog/speedi1/blog/38508/)

 2011年11月20日、佐賀県は玄海原発で「福島原発と同レベル」の事故が起きたと想定する避難訓練を行ったが、グリーンピースが、「福島原発と同レベルの事故」という点に注目し、佐賀県に対してこの避難訓練で使用したSPEEDI( 緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)の情報公開請求を行っていた。

 その結果、11月20日は、事故が発生したと想定した午前8時の段階で北北西の風、12.5m/sが吹いており、放射性物質の拡散開始から、1時間くらいで佐賀県を突き抜けて、50キロ離れた有明海まで汚染が到達するという予測だった。

   
       (風向き)         (放射性物質の放出開始時間を午前8時として、
                       午前9時から午前10時の拡散予測図)

 しかし、今回のようなSPEEDIデータが情報公開のプロセスを経なければ公開されないことが、重要な問題で、このようなデータは積極的に公開してリスクを伝えなければ、再稼働の是非について、関係する市町村の住民が正しい判断をすることはできない。

 また、今回のSPEEDIでは、実際にどの程度の汚染が広がるかの予測は行われていない。住民が正しく判断できるためには、実際に放出される放射性物質の量をSPEEDIのデータに入れ、人体や農林漁業への影響も計測し、それを中立な立場の機関が、常々公表しておくことが必要である。

| 原発::2011.12~2012.5 | 01:30 PM | comments (x) | trackback (x) |
2011.12.26 九州は、全原発が停止して嬉しいが、再稼働を阻止すべきである。
(参考資料:佐賀新聞2011.12.26 :九州の原発すべて停止 玄海4号が定検入り)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2107914.article.html

<記事の要約とそれに対する批判>

●九州電力は25日夜、東松浦郡玄海町の玄海原発4号機(出力118万キロワット)の運転を
 停止し、定期検査を始めた。これで九電管内は玄海4基、川内(鹿児島県)2基の全原発が
 停止した。稼働原発がゼロになる電力会社は東北、中部、北陸電力、日本原子力発電に続き
 5社目で、国内商業炉54基のうち稼働中の原発は6基となる。安全評価の手続きに加え、九
 電にはやらせメール問題などでの不信もあり、再稼働のめどは立たない状況だ。

←積極的に、「再稼働はしない」という選択をしよう! 四葉

●九電の原発6基の合計出力は525・8万キロワット。発電設備容量の約4分の1を占めるため、
 最大需要見通し1457万キロワットに対する余力は0・8%まで低下する。政府や九電は、26
 日から来年2月3日の平日午前8時から午後9時まで(29日から1月4日を除く)の間、家庭や
 企業に前年比5%以上を目標とした節電を要請する。

←「原発停止=節電要請」というのは、東京電力が行ったのと同じ手法である。もう騙される人は
 いないと思うが・・。

●九電の当初計画では、1~3月の電力量のうち、火力で40%、原子力で35%を賄う予定だった
 が、全炉停止で原子力の分は大半を火力で補う見込み。火力燃料が増えたため、1日10億円
 程度の経費増という。

←国民が負担する発電のコストを考える時、電力会社が負担するコストのみを考慮して比較するの
 は、間違いである。国が原発立地自治体に対して出している補助金、原発事故時の人や農林漁
 業への補償費用、住めなくなる国土の損失分、事故後の除染や管理費用、核廃棄物の最終処分
 場建設及び未来に渡る管理費用も考慮しなければならない。

←また、今時、原発か輸入燃料による火力かという選択肢しか示せないこと自体、経済産業省と特
 殊な地域独占企業のタッグが招いた工夫のなさである。

| 原発::2011.12~2012.5 | 11:50 AM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑